ディープキスしたら「濡れちゃう!」そのまま屋外セックス

相手の性別年齢職業
女性20代後半OL(出版)
出会った場所利用サイト投稿日
兵庫 神戸市wakuwakumail2017.08.26

劣情を押さえきれず、人気のない公園の暗がりでディープキス

出会い系で念願の彼女ができた。そのデート初日の出来事を書いてみたい。

体目的でないことはメール交換の時点から伝えすぎるほど伝えていて、彼女も少しも警戒することなく俺に会いにきてくれた。

会ってみると色白でバストのラインが美しく、腰のくびれが妖しい女で、男ならすぐにセックスしたくなるタイプだ。俺も本音では即エッチしたいのだが、体目的でないと再三再四伝えてあるし、劣情を持ってはならない。「体目的でない」宣言は自分への戒めでもある。約半年前、初日すぐ迫ったら速攻で逃げられた過去があるからだ。

その日は昼間食事し、夜になって軽くお酒を飲んだ。

「その道を通って駅まで行こうか」

散歩がてら少し遠回りして歩く。高台で、神戸の夜景がよく見える。

公園が見えた。暗がりが多く、なぜかそそられた。カップルもうろうろしていて、人気のない場所を探している様子。劣情がわいてくる。

「最後に・・・キスしよう・・・お願い」

「ええ? なんでえ」

手を引っ張って公園の暗がりに連れ込む。


彼女の「濡れちゃう!」に興奮して始めてしまった

そこは電灯が届かず暗くなっていて、とりあえず死角になっている。そこで肩を抱き寄せて唇を奪う。彼女は最初の瞬間、女っぽく顔を背けたが、唇が完全に接着すると、顔をまっすぐこちらにむけた。彼女の鼻息が心地よい。その息はだんだん熱を持った。

ディープキス。

舌を口の中に入れて、彼女の舌にからめた。ねっとりした女の舌ざわりが気持ちいい。ふだん口の中に隠れている部位なので、ある意味、下半身の秘部と変わらない存在だ。しばらく口の中の秘部と秘部でセックスしていた。すると彼女がこんな言葉を口にしたのだ。

「濡れちゃう!」

その言葉で俺の劣情が燃えた。このまま公園を離れる気になれなかった。ディープキス以上のことをしてみたかったし、するべきだと思った。女にそのせりふを言わせておいてキス止まりで終わるなど、男のすることではない。

彼女の背後に回って乳を揉みながら耳や首筋を舐め、スカートの中に手を入れ、下半身の秘部を弄った。

「本当に濡れちゃってるね」

「やだあ・・・そんなこと」

どのくらい時間をかけたのか記憶にないが、そのまま立ちバックでセックスしてしまった。射精は中でしたから中出しだ。だが彼女は文句を言わなかった。もしかしたらこういう行為に慣れている女なのかもしれない。

体目的でないと宣言したはずだが、けっきょく劣情に負けて初日にセックスしてしまった。

しかも中出し。

だが彼女が文句を言わないので、とりあえずよしとする。

体目的でなくても、あるタイミングでセックスしてしまうこともある。

男と女はそういうものだ。


今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















ディープキスしたら「濡れちゃう!」そのまま屋外セックス