新種のメンヘラ女は税理士試験勉強中

相手の性別年齢職業
女性20代前半無職(税理士試験準備中)
出会った場所利用サイト投稿日
三重 津市happymail2017.12.02

こっちまで暗くなる新種のメンヘラ女

「人の宿命って何だと思う?」

出会い系で知り合い、初めてのデートでコーヒーを飲んだとき、彼女がそんな質問をした。初対面の場であるし、そこにいるのは男と女であるから、それはきっと俺に対する好意の表現だろうと思った。彼女と俺が出会ったのは「宿命」だと言いたいのではないか。

「自分にとって、相性のいい異性と知り合うことだと思うよ」

俺はそんな風に答えた。ところが彼女は冷めた目をした。

「ちがう・・・そんなこと聞いていない」

「人の宿命ってのはね、生まれたときから決まっているの。どんなに頑張っても、できないことはできないし、望んでも期待してもだめなの・・・『身の丈に合った生き方』っていう表現があるでしょ? 宿命とは、そういうことだと思うの」

難しい女に会ったものだ。彼女は一人で哲学的なことをべらべら喋り、一人で勝手に落ち込んでいった。私はもうだめ、とカウンター席でうつ伏す。

税理士試験にチャレンジ中らしいが、なかなか合格できないのも、彼女をへこませている原因だろうか。だがそうとも思えない。彼女は子供の頃から人生に悲観的だったと語った。

メンヘラ女だろうか。

俺は警戒した。


メンヘラ女にしてはセックスに淡泊すぎる

気持ちいいことしよう、と言ってホテルに誘った。男と女の歓びを知ればもっと人生が明るくなると説得したのだ。それにメンヘラ女であれば自分を必死に愛してくれる男の出現はウエルカムのはずで、誘えば乗ってくると踏んだのだ、メンヘラ女はときとしてサセ子やヤリマンに変身することがある。

彼女は「そんなことしたくない」と言ったが、「じゃあほかに何をする?」と聞いたら言葉につまり、だったらそこに行く、と靡いてきた。

処女ではなかったが、男日照りが長く続いたか、性器が固い気がした。ほとんど濡れない。あまり声も出さないし乳首も立たない。男から愛されていることがそんなに嬉しくなさそう。メンヘラ女なら執拗に求めてくるはずなのだが、彼女は正反対だった。

彼女の自分本位な気分変動はそれからも続き、デートはおもしろくない。セックスしても気持ちよくないので、これからどうしようかと思う。

まだ別れてはいないが、それが宿命だと説明すれば別れてくれる気はする。

だがホテルに誘ったら抵抗せずについてくるので、これから少しずつ開拓すればいいセフレになれるのではないかとも考えている。

その新種のメンヘラ女とこれからどう付き合っていくか、毎日考えている。


今回の利用サイト [ハッピーメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















新種のメンヘラ女は税理士試験勉強中