S女から受ける辱めが、失恋の痛みを消してくれた

相手の性別年齢職業
女性30歳時計屋(本人がそう言う)
出会った場所利用サイト投稿日
大阪 大阪市pcmax2017.12.16

生まれて初めてS女に出会った

2年間交際していた彼女が他の男に乗り換えたので、失恋してしまった。時期をみてプロポーズしようと考えていただけに、ショックは大きい。

友人がアドバイスしてくれた。

「早く別の相手を探すことだな。新しい女ができたら、昔の女なんて世界の果てに飛んでいくさ」

失恋を忘れさせてくれるのが恋愛だというのは理に適っている。

俺は初めて出会い系サイトに登録した。しかもアダルト掲示板に登録した。そのときの俺には、普通の感覚をした女性とゼロから始める心の余裕がなかった。やや危ない女性と知り合い、一気にアダルトな世界に巻き込まれてみたかった。失恋を忘れるために、あえて過激な目に遭いたい。

知り合ったのはS女。掲示板で自分のことをS系だと書いてあり、その手のプレイがお好みのM男を欲しがっているようだった。

「貴女自身が男性を虐めたいの?」

「男が苦痛な顔をしているのを見るのが好きなの・・・それだけで感じるの・・・もしかして貴方はMじゃないの?」

「はい・・・ノーマルです」

「じゃあM初体験ね」

「よろしくお願いします」

俺はS女の世界に飛び込んだ。


あまり気分よくないけど、寂しさを紛らわせる

俺は言葉責めを受けたり、目隠しをされてオナニーをさせられたりした。

「目隠しオナニー気持ちいいだろ? 気持ちよかったら気持ちいいですって言いなよ」

「き、気持ちいいです・・・ううう」

もともとM気のない俺には、それは屈辱でしかなかった。でもその苦痛は失恋の痛みを忘れさせてくれた。よく暗い気分のときは暗い曲を聞くといいと言うが、心が痛めつけられているときは、別の方法で心を痛めつけるのが効果的なのかもしれない。

「今度はクリ舐めだよ・・・おまえは犬だ・・・犬になってお姉さんのクリを舐めるんだよ・・・いい・ わかった?」

「はい・・・犬になってお姉さまのクリを舐めさせていただきます」

犬のように四つん這いになり、M字開脚した女の局部をペロペロ舐めた。そこはぐっしょりと濡れていた。俺を虐めることで、女は明らかに興奮し、感じていたのだ。

その後セックスしたが、女上位の騎乗位がメインで、自らピストンすることは叶わなかった。

プレイのあとの会話。

「あの・・・・」

「なに?」

「僕は貴女にとって必要な男ですか」

「ぷっ・・・何言いだすかと思ったら。必要じゃなかったら会わないよ」

「ありがとう」

「変な奴」

寄り添ってくる。初めて女っぽい一面を見せた。ほとんど恋愛の予感がなく、肌が触れ合っても気分が透明になるばかりだったが、S女から必要とされているM男という意味では、消えかけていた自分の存在感を取り戻すことができた。

そのS女とアブノーマルなセフレ関係になって一カ月になる。凌辱の痛みが失恋のショックを確実に和らげている。最近では、その痛みが少し快感になりつつある。

それが少し怖い。


今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















S女から受ける辱めが、失恋の痛みを消してくれた