帰宅が怖い男に、帰る場所を与えてくれた出会い系の女性

相手の性別年齢職業
女性32歳OL(広告営業)
出会った場所利用サイト投稿日
大阪 大阪市pcmax2017.12.03

何もしていないのに冷たい視線を向ける家族~この世の地獄~

45歳になった秋、帰宅恐怖症になった。

16年前に結婚した妻は当時の愛らしさを完全に逸し、俺に対して常に邪険な態度をとる。一挙手一投足が気に入らないようで、何かと文句ばかり言う。セックスなんてとうの昔になくなり、寝室も別。中学校に入った娘も、母親と同じ態度を見せる方が無難と見たか、父親を父親と思っていない節がある。家に帰りたくない。家よりも会社で上司から怒鳴られているほうがどれだけ楽だし人間的だろうか。

だったら好きなことをしていればいいだろうと人は言うかもしれない。だがそれも許されないのだ。一度デリ嬢と遊んだことがあるが、ゴミ箱に捨ててあった嬢の名刺を見つけ、三日三晩金切り声で説教された。妻と子がいる男のすることじゃない。そんなことをしてもらうためにお小遣いを渡している訳じゃない。ちゃんと働いてまっすぐ帰宅しろと叫ぶ。

この世の地獄だ。

俺はある夜、会社からまっすぐ帰らずに喫茶店でノートパソコンを見ていた。俺と同じような境遇にいる男を探したのだ。すると同じように帰宅恐怖症に罹患した男がいて、どうやってそれを克服したか書いてあった。結論からいうと次の通りだ。

「出会い系の女に逃げた」

要するに出会い系サイトで愛人を作ったというわけだ。


いつでも来ていいわよ・・・ふたりで温まりましょ

なるほど。

愛人を作れば心の寄りどころを見つけることができる。デリヘルは手っ取り早い性処理の場所だが、金で結ばれた一時の関係であるし、その金がまた高い。しかし愛人ならば無料でかつ継続して会えるし、自分のことを心底愛してくれるかもしれない。どうせ浮気するなら、実りのある浮気がしたい。山の神にバレたら女に逃げればいい。二度と帰宅しなければいい。

俺はそのまま出会い系サイトに登録し、良さそうな女を探し出した。

枯れ専なのか、中年のおやじでも構わないという女は結構いて、知り合ったのは30代前半のしとやかなOLだった。美人に属すかどうかわからないが、人の良さがにじみ出てくるようなところがあり、甘え上手だった。

俺が帰宅恐怖症に罹っていると訴えたら、私のマンションにいつでも来ていいと言ってくれる。

「私もひとりで寂しいの。がらんとして誰もいない暗い部屋に帰るのが嫌。その意味では私も帰宅恐怖症かも」

会社帰りの数時間、俺は彼女とふたりきりで温まった。悪妻には「残業で忙しい」と伝えてある。

俺はそれから水を得た魚のように息を吹き返した。

男にとって必要なのは、心と体を満たしてくれる女だと痛感する。45歳になって心身に秋風が吹き始めると、なおのことそう思う。

出会い系の彼女が俺を救ってくれた。


今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















帰宅が怖い男に、帰る場所を与えてくれた出会い系の女性