母親のバイブをこっそり失敬してオナニーしている女子大生

相手の性別年齢職業
女性21歳(大学3年?)女子大生
出会った場所利用サイト投稿日
三重 津市yyc2018.06.09

バイブ経験ある? 「あるよ…昨日もやっちゃった」(笑)

女性のほとんどがオナニー経験有だそうだ。現代の女性は積極的に自分の性欲をあおり、性器を刺激して楽しんでいる。指でやることもあれば玩具を使うこともある。人それぞれだ。

今回YYCの津市エリアで知り合った女子大生もオナニーを楽しむ女子のひとりだが、少々変わり種なので紹介しておきたい。バイブを使っているそうだが、そのバイブに問題がある。

狐のように目のつり上がった妖しい女子大生だった。ひと目で淫らな空気を察してアプローチしてみたのだが、聞いてもいないのにエッチが大好きだと返事が来た。オナニーは女子校生の頃からやっているが、最近セックスを覚えて癖になっているとか。そういう下ネタ連発の女であるから、やりもくの俺にとっても話をしやすい。

「オナニー経験ありってことは…バイブ経験あるの?」

「あるよ…昨日もやっちゃった」(笑)

「バイブ買ったんだ」

「私のじゃない…ある人の持ち物」

そのときは友達から借りたか、元カレの忘れ物だろうくらいに考えた。


ラブホに持ってきた母親愛用の極太バイブ

会ってみてうまく行きそうだったらラブホに行こうねと即エッチの約束を取り付けて、その狐目の女子大生に会いに行った。「会ってみてうまく行きそうだったら」は社交辞令上の文句に過ぎず、こういう場合よほどのことがない限りエッチが流れることはない。俺は勝負ブリーフを穿き、マイコンドームを準備して待ち合わせ場所に出かけた。彼女にはバイブを持ってきて欲しいと伝えてある。

約束通りホテルに入る。初対面だがエッチ優先の若者は気にしない。信じられないという人もいるだろうが、性欲の強い男女にとって初対面セックスはそう難しいことではない。

部屋に入る。シャワー浴びてベッドイン。彼女がバイブを出す。

バイブは極太で立派なものだった。ピンク色だが、ごつい。

「凄いねこれ…誰から借りたの」

「母親…こっそり持ってきちゃった」

「母親? まじ?」

彼女の母親の寝室(父親は単身赴任で香港にいる)のタンスから偶然バイブを見つけたらしい。彼女も一度使ってみたいと思っていたようで、早速失敬して試してみたら気持ちいいので、ちょくちょく借りているとか。

「お母さんって美人なの?」

「ぜんぜん…普通のおばさんだよ」

「そういうの…そそられるな」

それから母親バイブを彼女のアソコに入れて遊んだ。セックス覚え立ての彼女は奔放なセックスをしたが、何となく彼女の母親が重なって見えた。そのベッドにはセックスにどん欲な娘と欲求不満の母親が二人いた。

穴兄弟ならぬバイブ母娘といったところか。

彼女の母親も狐目だろうか。


今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















母親のバイブをこっそり失敬してオナニーしている女子大生