デブスと自虐的セックスをして気分転換

相手の性別年齢職業
女性22歳アルバイト(精米店)
出会った場所利用サイト投稿日
滋賀 大津市mintj2018.05.25

絶対に誰も興味を持たないデブスの裸が見たい

あれは衝撃的な体験だった。

二ヶ月近く前の話で、少々忘れかけていたのだが、このような体験談サイトがあることを知り、記憶を整理して投稿してみる。

名付けてデブスとのセックス体験談。

当時俺は仕事でかなりのストレスを抱えていた。連日深夜残業で休日もなかった。仕事自体だけでなく、人間関係の負荷も高かった。死にそうだった。

それは仕事がひとまずいい区切りを迎えたときだった。一日の休日をもらい、気分転換することにした。

―強烈な気分転換をしたい…完全に今の現実を忘れられるような別世界に行ってみたい―

とことんまで追いつめられた人間はそう考えるものだ。それが高じると鬱病になり、究極の別世界(死)を目指すようになる。俺はそこまでひどくはなかったが、ちょっとした気分転換では解決不能な状態になっていたことは事実である。

俺はデブスの裸が見たいと思った。

誰も興味を示さないデブスの裸体。

それをまじまじと見たい。そしてセックスしたい。

これ以上の気分転換がほかにあろうか。デブスの裸を見たり味わったりするなど自虐プレイに等しく、俺は普通の人よりも一歩「死」に近づいていたと言えよう。


デブスの処女を奪う…これ以上の自虐セックスもない

会社から帰ったらすぐにサイトにアクセスし、すぐに会ってくれそうなデブスを探した。どのサイトにもスレンダー美女がいるように、その対局にあるデブスもいる。しかも誰も近寄らないから倍率は1以下で、無試験で合格になる。

ひとりのデブスを見つけた。

顔が丸く、目は大きいが眉毛が薄い。

―デブスにかぎって写真を載せているのは不思議だ―

彼女もある意味自虐的行為に走ったのだろうか。

声をかけたら、14秒で返事が来た。会ってくれるなら即エッチでも即尺でも何でもしてあげるという。とにかく処女を捨てて女になりたいそうだ。

―デブスの処女を奪うのか…これ以上の自虐セックスもないだろう―

俺はその女とのセックスを想像して鳥肌が立った。

デブスとは約束通りに会い、ホテルに行った。女は嬉しそうだった。俺はつらかった。だがそのつらさの中にいるときは仕事のことを忘れられた。

デブスの裸。

俺はソーセージ製造の第一工程に立ち会ったような気分にひたった。それは女の裸ではない。ただの肉だ。

俺はそれでもデブスに抱きついた。仕事のストレスから逃れるにはこの女とセックスする以外にない。

乳は肉の塊という印象しかなく少しも興奮を誘わない。陰部は深く、穴の位置がよくわからず、何層も肉をめくってようやくおちょぼ口に到達。異様な匂いがした。

それでもセックスした。そうする以外に俺は救われないのだ。

だが成果は出た。

行為のあと、これなら仕事のほうがまだましだと思った。

あれからまた仕事にまい進できた。


今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















デブスと自虐的セックスをして気分転換