書道の先生と交わす秘密のまぐわい

相手の性別年齢職業
女性40歳書道師範
出会った場所利用サイト投稿日
滋賀 大津市mintj2017.03.31

私とまぐわいを交わすことになっても平気ですか?

書道の先生と出会い系で知り合った。

書道の先生と言うと聞こえもいいが、しょせんは人妻なのだ。しかも夫、あるいは教え子たちにバレないよう上手に浮気する淫乱人妻なのだ。普段は和服を着てつつましくしているが、脱ぐと凄い。

ところでその先生と知り合って新しい言葉を覚えた。

「まぐわい」

みなさんはこの言葉の意味をご存知だろうか。まぐわいとは「目合ひ」とも書き、男女の情交、すなわちセックスを意味する古語だ。古事記にも出てくる性語らしいから驚く。

書道の先生がゆえにそんな言葉を知っているのかもしれないが、出会った頃の先生からのメールの中にこんな一文が混じっていた。

「私とまぐわいを交わすことになっても平気ですか?」

何を言っているかにわかには分からなかったが、ググってみてその意味を知り、目まいがするほど興奮したのを覚えている。

「エッチ」や「セックス」の語感から受けるイメージには性器結合の快楽しかないが、「まぐわい」には独特の深みとロマンがある。

「目合ひ」・・・目と目で交わすセックス。見つめ合うセックス。遠いいにしえの時代の男女の性交は、さぞかしロマンに満ちたものだったに違いない。


和服でラブホテルに入る先生はエロのかたまりだ

そんな古風な言葉を使うくらいだから、先生のセックスはみやびで気品に満ちたものと思い、スケベな俺もさすがと身構えたが、先生はひたすら男根を穴に突っ込んで悶えるだけのその辺の人妻と何ら変わらなかった。

そもそも先生は和服(訪問着)でラブホテルに入るお人なのだ。

ラブホテルの派手な外装と淫靡な内装と、あでやかな和装のギャップが著しいだけに、先生のエロさが際立って見える。ラブホテルに入るまではツンとしているが、中に入って帯を解くと、濡れ濡れまんこをさらした牝に過ぎないと知る。

先生とは見つめ合ったりしない。目と目で男女の触れ合いを楽しもうなんて余裕はない。先生がほしいのは俺の若いペニスなのだ。

その淫乱な書道の先生は「まぐわい」という言葉を当たり前のように使うが、その言葉の奥底にあるロマンを知ろうとしていないようだ。


今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















書道の先生と交わす秘密のまぐわい