俺からのプロポーズを待っている不幸な女

相手の性別年齢職業
女性27歳無職
出会った場所利用サイト投稿日
大阪 岸和田市pcmax2019.09.16

彼女は無職……俺はフリーター

25歳で職を失ってから家でぶらぶらしている女と出会い系で知り合った。もともとバイト(イベント関係)をしていたが、その会社が吸収合併され、人員整理で契約社員とバイトは切られたという。イベント系の仕事が好きな彼女はその職種にこだわるも、アルバイトレベルでそんな仕事は滅多にない。爾来、ぶらぶら生活が始まった。親には、一応仕事探しをしていると伝えてある。

なぜか知らないが、セックスには熱がこもっていた。たまったものを吐き出すように、得られないものをつかみ取るように、互いの身体を求めた。女は特に俺の唇が好きだった。唇はもちろん、乳首や背中、尻や性器に接吻されることを好んだ。俺もフリーターで決して満足した職業生活を送っているわけではない。似た境遇も、性交温度を高めるのに役立っていた。

彼女はたまに結婚を口にする。

「専業主婦でもいいなって思い始めてるの」

「イベントは?」

「結婚してからゆっくり探してもいいなって思ってるし。とりあえず結婚して主婦におさまるって言ったら、親も安心するしね」

と俺を甘い目で見上げる。

彼女は俺からのプロポーズを待っている風だ。


結婚なんてする気ないし、できない

少子化に拍車をかけているのは、未婚率の増加だ。未婚率を高めているのは、経済力の二極化だ。リーマンショックのおり、就職できなかった若者が非正規雇用者となり、定収入の憂き目にあい、結婚どころではなくなっている。年収200万円で家庭を経営できようか。俺もほぼ同じ境遇を生きてきた。フリーターの前はテレビの部品を作る工場の臨時社員として働いていた。俺は日銀短観を気にしていた。景気が下向くと最初に切られるのが俺だからだ。

セックスには熱が入った。年収128万円の俺でもセックスをする権利はある。低収入でもコンドームくらいは買えるし、食費や酒代を切り詰めれば週一回のラブホくらいなんてことはない。

「うう、気持ちいいよ……ま×こ気持ちいいよ」

「キスして……もっといろんなところにチュッチュしてぇ~」

私、きっといい奥さんになれると思う。

そんなことをたまに言う。

無職女とフリーター男。セックスする権利はあっても、結婚する権利はないように思う。

それがわかっているから、セックスにも熱がこもる。

俺は彼女にプロポーズする気はない。


今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2000万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(750万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1300万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















俺からのプロポーズを待っている不幸な女