出会い系に行った目的は女の靴の匂い

相手の性別年齢職業
女性28歳薬局(薬剤師)
出会った場所利用サイト投稿日
大阪 大阪市mintj2017.04.29

女の靴の中の匂いが嗅げたらセックスなしでもいい

「シャワーどうぞ・・・ごゆっくり」

出会い系で知り合った彼女との初ラブホで、俺はそう優しく語りかけた。

彼女は「じゃあお先にね」と言いながら首のアクセサリーを外しながらバッグを持ってバスルームに行った。スリッパの音が遠ざかる。

俺は彼女がバスに入るのを確かめると、深呼吸をしてクローゼットを開け、彼女が脱いだ黒いハイヒールを手に取り、胸をときめかせた。

二足交互に匂いを嗅ぐ。

甘く湿り気のある女の足の臭いが鼻腔に来た。

俺はすでに勃起しているペニスを引っ張り出すと、寸止めオナニーに耽った。本当は射精したいが、これからセックスだから出すわけにはいかない。

彼女が脱衣所に出てきたところでオナニーをやめ、靴をあわててもとに戻してベッドでふんぞり返る。

俺はいわゆる靴の匂いフェチ。出会い系に来たのも美女の靴の中の匂いを嗅ぐためなのだ。

ぶっちゃけ靴の匂いが嗅げたらセックスなしでもいいと思っていた。

そのくらい俺は女の靴の中の匂いが好きだ。


セックスしているときは足の匂いを嗅ぐ

初めてのラブホで、慌ただしくバスに使ったのだから足の先まで洗うことはしなかっただろう、という期待をこめ、俺はセックスの前戯で彼女の足先を舐めたり匂いを嗅いだりした。

残念ながら右足に匂いはなかった。

「やだぁ・・・足の裏くすぐったいわよ~」

彼女は足への愛撫が苦手のようだ。

―今度はタイミングを見て左足をチェックだ―

正常位でピストンしながら左足を持ちあげて同じように匂いを嗅いだ。その瞬間、眉間にしわを寄せて目を閉じていた彼女の瞳がカッと開き、怪訝な目で俺を見る。

「だから足の裏だめだって・・・・なんで匂い嗅ぐの?」

スースー ハーハー クンクン スースー・・・

石鹸の匂いの中に少しだけ饐えた匂いが混じっていた気がし、そのまま匂いを嗅ぎながらピストンした。

「なんでえ? ちょっとぉ! いやあぁあんっ いやぁあんっ!」

彼女は女の快感に負けて、ふたたび目を閉じて悶えるしかなかった。

行為のあと身支度をしているとき、彼女がクローゼットを開けた。彼女は事務的にハイヒールを取り出そうとしたが手の動きを止め、躊躇うようにハイヒールをじっと見つめ、俺をちらっと見た。

―靴で遊んだこと、感づかれたかな―

彼女はそれからフェードアウトして俺から離れ、二度と会ってくれなかった。

それが靴の匂いフェチの末路だった。


今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















出会い系に行った目的は女の靴の匂い