大阪府には古い昔から根付いたお笑いの文化があり、NHK朝の連続テレビ小説(朝ドラ)の「わろてんか」では、大阪を舞台にした吉本興業の創業者・吉本せいの半生が描かれていました。大阪の人々は、普段の会話でもまるで漫才をしているような雰囲気でオチがあり、ユーモアと笑いにあふれていますね。
そんな大阪でのおすすめのデート待ち合わせスポットと言えば、マラソンランナーのような画像が描かれたグリコのイルミネーション前、通天閣の前ですね。いずれも大阪のシンボル的存在であり、全国的にも有名な場所なので待ち合わせ場所を間違える心配もありません。
なにしろ大阪は関西エリアではもっとも都会的な場所ですから、待ち合わせ場所の選び方にも慎重に判断しなくてはなりません。初めて大阪を訪れる人にも間違えないように、地図を見れば場所がすぐにわかること、少し遠く離れた場所にいても目印がわかりやすい場所を待ち合わせ場所に選ぶのがポイントです。
阪急梅田駅で待ち合わせするなら、ビッグマンのモニター付近、梅田のシンボル的な存在であるHEPFIVEの赤い大きな観覧車が見える入り口付近などがおすすめです。
大阪のデートスポットの定番と言えばやはり大阪城、通天閣ですね。大阪城は広大な敷地面積を誇る公園内にあり、緑の木々に囲まれていて自然環境にも恵まれていますね。 梅田エリアでのおすすめのデートスポットは梅田スカイビルの空中庭園ですね。 中でも海遊館は若いカップルから中高年世代の夫婦にまで人気が高く、世界最大規模の水族館であり、夜の水族館デートもおすすめです。

【出会った女性:大阪市 28歳 薬局(薬剤師)】

女の靴の中の匂いが嗅げたらセックスなしでもいい

「シャワーどうぞ・・・ごゆっくり」 出会い系で知り合った彼女との初ラブホで、俺はそう優しく語りかけた。 彼女は「じゃあお先にね」と言いながら首のアクセサリーを外しながらバッグを持ってバスル...
【出会った女性:大阪市 18歳 女子校生(卒業直後)】

卒業しちゃった・・・なんだか寂しい毎日

昨日、処女とセックスしてきた。 感動した。 28歳にして処女とセックスできるなんて夢にも思わなかった。今まで5人ほどの女とセックスした経験があるが、いずれも非処女でセックスにこなれた女たち...
【出会った女性:堺市 27歳 OL(百貨店)】

洗っても匂いが残る仮性包茎のペニス

巷の調査では、性交経験のある女性(年齢層は不明)のフェラチオ経験率は70~80%程度らしい。 要するに女性は高い割合でパートナーの性器を口の中に入れた経験があるのだ。 これは男が女とセック...
【出会った女性:堺市 37歳 主婦】

妻以外の女性器で楽しむセックスの歓び

出会い系で知り合った地元堺市の主婦(香織)とW不倫を始めて、セックスの歓びと不倫の歓びは別物であることを知った。 まずはセックスの歓びから書いてみよう。 長年つれそった妻とのセックスでマン...
【出会った女性:堺市 20代後半 アパレル店員】

仮性包茎の匂い対策で香水を付けたのが失敗のもと

出会い系サイトで20代後半の女性と仲良くなって、しばらくメールで交際していた。 最初は互いに相手の心の表面をなぞるような内容だったけど、俺がアダルトグッズの話を書いたら、彼女も本音を晒すようにな...
【出会った女性:大阪市 28歳 風俗嬢】

風俗嬢「性病経験がありやけど、あれから検査してへん」

もう3週間になるから大丈夫だろうと思って、体験談を書くことにした。 実は出会い系で現役の風俗嬢と出会ったのだが、生でセックスして中出ししてしまったのだ。彼女は事前にこんなことを言った。 「...
【出会った女性:堺市 24歳 OL(サプリメント)】

生フェラは絶対に嫌! ゴムしてくれたらいい

出会い系で最初のうちメル友をしていた彼女と会うことになり、紆余曲折の末、何とか肉体関係に持ち込んだ。紆余曲折とは、彼女がそれほどセックスに関心がなく、なかなか体を許してくれなかったという意味だ。男の本...
【出会った女性:堺市 20歳 女子大生】

セックスに抵抗のある女子大生を口説くにあたり

堺市に住むキュートな女子大生の咲子さんが即会いに応じてくれたので、当然即エッチもOKだろうと食事の後にラブホに行こうと誘ったら軽く断られた。 咲子さんはエッチが嫌いだと言う。 4ヶ月前にサ...
【出会った女性:堺市 32歳 パートタイマー】

本当は10代の女の子としたかったんんだけど

出会い系の若い女の子にセーラー服を着せてコスエッチをしてみたい。 それが俺の出会い系登録の動機だった。もちろん本命は現役の女子高生だが、出会い系で会うのは非常に難しいし、会えたとしても本当に18...
【出会った女性:大阪市 36歳 主婦】

家事と子育ての平坦な毎日が嫌なんです

毎日しんどい通勤をしてあくせく働くサラリーマンからみると、家の中で安住している専業主婦はすごくお気楽な稼業に思えるが、専業主婦本人の生の声をきくと、決してそうではない。 「平坦すぎて、刺激が全く...