俺が脚フェチになったいきさつについて語ろう

相手の性別年齢職業
女性20代後半自称Webライター
出会った場所利用サイト投稿日
三重 伊勢市YYC2021.04.03

脚の指先からマ×コにむかって進んでいく

俺は女の「脚」が好きな、いわゆる脚フェチである。セックスのときは足先から太股にかけて時間をかけて愛する。手のひらでなで回したり、キスしたり舌を這わせたり、手と口と舌を駆使して、脚のすべてを愛してセックスに至る。

俺のそのプレイを観察すれば一目瞭然なのだが、俺は足先から股付近、つまりマ×コにむかって進んでいっているのがわかるであろう。俺の脚フェチの快楽は、マ×コにむかって徐々に熱を帯びていくのだ。

実は俺、最初から脚フェチだったわけではない。結果として脚フェチになったのだ。マ×コが好きで、前戯からマ×コばかりをクンニしていたが、それではもったいない気がして、マ×コからなるべく遠い位置から手と口で楽しむようになったのである。時間をかけてマ×コに近づく。大好きなマ×コが少しずつ近づいてくる。そのワクワク感を楽しんだ結果、最終的に脚フェチになったのだ。


脚もマ×コの一部のような気がしてきて

YYCで知り合ったその女の脚も徹底的に愛する。足の指先を舐めることからスタートし、むこう脛、ふくらはぎ、膝、太股と進んでいく。皮膚は少しずつ柔らかみを帯びてきて、皮膚質もむっちりしてくる。マ×コが近い証拠だ。マ×コに近づくにつれて汗のべたつきが如実になるし、アノ匂いすら漂ってくる。

「ああ、もうだめええ」

彼女も俺の頭がマ×コに近づくのが好きなようで、いよいよ中核に迫ってくると腰をくねらせる。そして俺の舌はいよいよマ×コに達し、そこから本格的なクンニが始まる。頭の中で花火が上がり、いよいよ前戯のクライマックスが始まる。

最近思う。

脚もマ×コの一部なのではないか、と。俺は脚を愛しながら同時にマ×コを愛しているような気がするのだ。脚がマ×コを連想させ、マ×コへの熱い思いが熟していく。

世の中の脚フェチが全員そうなのかどうか知らないが、根っこの部分ではみんな同じなのだと思う。脚フェチに限らず○○フェチの人は、その拘りの奥底に、マ×コへの熱い欲望があるのだと思う。

脚はマ×コにつながっている。


今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2500万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(800万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1500万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















俺が脚フェチになったいきさつについて語ろう