激しいディープキスの末に知った秘蜜の味わい

相手の性別年齢職業
女性22歳女子大生
出会った場所利用サイト投稿日
三重 四日市市YYC2022.10.24

ディープキスにハマった俺たち

キスにもいろいろ種類がある。スキンシップ程度に頬に唇の先をあてて「チュッ!」と音をたててキスする方法もあるが、優しく唇を重ね合わせて、唇の粘膜と粘膜がふれあう快感を味わうキスもある。

いわゆるディープキスにもいろいろある。唾液で濡れた唇を溶かし合うように濃厚に重ね、顔を動かしながら密着するディープキス。そして今俺がハマっているのが、舌を絡ませ合うディープキスだ。唇だけではなく舌を使うキスは、もはやキスの領域を越えていて、立派なセックスプレイである。性器と性器が絡み合うように、舌同士が快感に酔う。

相手はYYCで知り合った22歳の女子大生。出会って5日後に初キスをしたのだが、互いに盛り上がって舌を絡ませあった。その快感が忘れられず、その後セックスする関係になっても舌ディープキスは欠かせない性技となった。


互いのネットリした唾液を味わって

そしてその「舌を絡ませ合う」ディープキスは、新たなディープキスを生み出すことになる。人間の快楽への探求心はつきないことを思い知らされる。

そのプレイを始めたきっかけは、彼女の舌を通して唾液を啜ったことだ。生ぬるく甘い唾液が俺の舌を通して口内に浸潤してきた。

(ああ、女の唾液だ……)

俺は胸を揉みながら彼女を上にしてディープキスを続けた。

「お願い……唾液を垂らしてほしい」

「うん」

彼女は口の中で唾液を溜めると、目を閉じて赤い唇の窄みから唾液をたらっと垂らした。その甘いシロップは俺の口の中で快感を生んだ。唾液がまるで固形物のように舌や頬裏の粘膜を愛撫したのである。

「美味しい」

「順くんのも欲しい」

俺は彼女を下にすると、同じように唾液を溜めて彼女の口の中に垂らした。女の目が恍惚としたのは言うまでもない。

俺と彼女はセックスしている。

口と口でセックスしている。

唾液は精液であり、愛液でもある。


今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2500万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(800万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1500万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















激しいディープキスの末に知った秘蜜の味わい